ドライブ中の紫外線対策って?

温かい季節になってくると来るまで出かけたくなる人も多いのではないでしょうか?ただ女性の場合(もちろん男性もですが)気をつけて欲しいのが紫外線です。実際に紫外線対策フィルムというものも販売されるほど、車の中でも太陽光の影響は受けてしまいます。車の中だから大丈夫だろうと思って油断していると知らず知らずのうちにどんどん日焼けをしていって、シミや黒ずみの原因になってしまいます。だからこそ車の中であっても紫外線対策は必要なのです。

UVカットカーフィルムって意味あるの?

UVカットカーフィルムといって市販の車のガラスに貼り付けて紫外線をカットするフィルムが販売されているのですが、これは本当に意味があるのか疑問に思いませんか?実はUVカットカーフィルムのほとんどは90%以上の紫外線をカットしてくれるそうです。もっと紫外線を防いでくれるものだと99%カットという凄いものもあるそうです。もうほとんど紫外線を通さないという事です。口コミなどでも紫外線のダメージに耐性がない人がUVカットカーフィルムに変えたところ肌への刺激が抑えられたという意見もありました。またフィルムを貼ることになるので、小石やモノが当たったことによってフロントガラスが割れることがあっても飛び散りにくくしてくれるそうです。

何も貼ってなくても50%以上カット

市販で販売されている来るまでは紫外線をモロに浴びてしまうのかというとそうでもなく、実は市販で販売されているノーマルのフロントガラスでも50%以上カットしてくれているそうです。正確には60%か70%ぐらいは防いでくれているようです。ただし昔の車には紫外線カットできないものもあるそうです。つまり買ったままでも紫外線をある程度は抑えてくれているみたいですね。また、トヨタなどでは専用のUVカットガラスなどがついている場合もあり、最初からガッツリ紫外線をカットしてくれている場合もあるので詳しくはメーカーの方に問い合わせてみてください。
長時間乗る人は紫外線対策必須
たまにしか乗らないという人は良いですが、ほぼ毎日乗っているよという人は紫外線カットができているのじゃ調べた方が良いと思います。毎日の積み重ねが未来の美肌に影響を与えてしまいますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です